A.Shinomiya's Portfolio

シノミヤアイのポートフォリオでは、イラストや日々のことをつづっています。


コメントする

無題(4/17)

気がつけば、イベントまであと8日。
今年に入ってからこなしたイベントは、全部催事だった。
手づくり系のアートイベントは久しぶり。
人と会わずにこもってたから、若干緊張する。笑

ようやく集中力が高まり、作業が捗ってきた。
自宅での作業は、やっぱりメリハリがない。いつまでもやってしまうという意味で、昼夜逆転が起こりやすく、結局動き易い朝の時間を無駄にしてしまう。作業部屋を、自宅とは別に借りたくなる。

20130417-211624.jpg

20130417-211704.jpg
今晩の献立。
•玄米ご飯(3分精米)
•大根のキムチ煮
•ゆで卵
•鶏と三種野菜の鍋
•小松菜の胡麻和え
•ピーマンのナムル

広告


コメントする

左だけ向いている4/15

私には皆無だが、よんこは違う。
どうやら、センスがあるお方のようだ。

20130415-203250.jpg
•蕎麦
•オリジナルのつゆ
(大根おろし、ネギ、豚の軟骨、かつおぶしで作っていた)

めちゃくちゃ美味しい…。
明日も頼んだ!!笑

3,4日が経って、ようやく昨晩には痛みが落ち着いたという、よんこの「寝違えた首」。
今朝、華麗にバトンを受け取り、私が寝違えた。
この痛みって、何をするにも気が散るのがイヤね。


コメントする

無題(4/14)

今朝は、昨日の夕飯の残り。
原色!な卓上。笑

口内炎と舌扁桃は、だいぶ落ち着いてきた。
25日からの三日間、久々のイベントを控えてるし体調の回復を期待したい。

20130414-195017.jpg

•鶏ささみのカレー(玄米3分精米)
•ヨーグルト

一日中、ミシン作業。
一年以上眠らせてしまった帆布を、トートバッグにしている。

20130414-195044.jpg
•ご飯(3分精米)
•蒸し野菜と卵焼きのトマトソースがけ
•焼きさば
•納豆

また「緑」がない。笑
先日、母からもらった水菜の種を植えるかー。


コメントする

数字を知る必要がある

だみだぁ〜。
外食で気が抜けて、夕飯は手を抜いてしまった。
しかも、お昼ホットケーキだったのに、高カロリーなものを夕飯に持ってきてしまった。
(´ω`;)
20130329-220150.jpg

•玄米ご飯(3分精米)
•ささみと三種野菜のカレー
(たまねぎ、じゃがいも、かぼちゃ)

かぼちゃを入れたので、だいぶ甘口になった。

高カロリーな一日だったと思う割に、それは実感としてあるだけで、数字での自覚には至ってない。

自分とよんこが、一日に摂取するべき、もしくは消費が出来るカロリーを知る必要がある。
カロリーだけでなく、色々な数値(塩分や糖分やらさまざま)を明日調べてみよ。


コメントする

よみがえったドライカレー

アメブロから引っ越してみました。

wordpress.comは、基本的に英語表記なんで翻訳サービスなどを使用しながら何とか設定してます。

デザインなど細かい部分は、ちょっとずついじりながら完成させたいと思います。

あと、画像も整理しないと。
リンクURLも直して…

移管の理由は長くなりそうだから割愛させて頂くとして笑

昨日大失敗したドライカレーは、バターにより見事起死回生の一途をたどりました。笑
サンキューバター。
もう、カレーペーストの分量間違えないし、あの量のピーマンを入れるのはチリソースの時だけにしておきます。
20130326-185542.jpg

•玄米(3分精米)
•三種野菜のドライカレー風
•厚揚げ
•小松菜とちりめんじゃこと胡麻のおひたし
•白菜のスープ
•納豆

今日はよんこが色々と買出しをしてきてくれたから、食材が増えた〜やった〜。
白身魚(冷凍)とカボチャを、一週間でじっくり調理していこう。

食事療法を始めたきっかけ。
去年末、大好きな叔母に大きな病気が見つかった。

このブログを、叔母が知っているか否かは不明だが、仮に見たとき何かしらの記述が叔母の心を傷つける可能性もあるかもしれない。
(傷つけるつもりなど毛頭なくとも)
そんな風に思うと、いくら匿名でも、顔を見せるわけでなくとも、叔母の現状を詳細に述べるのがなんとく怖い。

元々、食生活に不安があった私。

病気の話を聞いたとき、初めは叔母の事を考え胸が詰まり、心配で落ち込んだ。
次に、叔母を支える私の母を思った。

母を悲しませたくない、と思った。

もう育ててもらう立場は終わり、身体を守るのは自分なんだよな。と、当たり前の事が今更実感として湧いた。

叔母の病気を調べているときに、その病気治療に用いられている食事療法を見つけた。
私はその病気に罹っている訳ではないので、実際の患者さんにしてみたら「興味本位で試してもらいたくない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
病気治療が目的ではないですが、その病気以前に成人病全般に効果的であるとはされているので、始めてみることにしたのでした。

きっかけは、そのような理由でした。
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!