A.Shinomiya's Portfolio

シノミヤアイのポートフォリオでは、イラストや日々のことをつづっています。


2件のコメント

IJICHI's Living Door

7/20に東新宿に行ってきました。

7/8に渋谷でワンマンライブをした例の彼女が、今回も声を掛けてくれました。

許可をとったので、その彼女の詳細はのちほど。

「IJICHI’s Living Door」

会場は東新宿「真昼の月 夜の太陽」
出演者は、HADUKIさん(O.A)、夕夏さん、高橋アスカさん、晴美さん、IJICHIさん、服田祐生子さん

シノミヤアイのポートフォリオ

「IJICHI’s Living Door」の“IJICHI”とは、

SPEEDのプロデューサーで有名な「伊秩弘将さん」のお名前です。

このライブでは、伊秩さんご本人もパフォーマンスされました。(おそらく毎回)

伊秩氏主催のこのライブイベントは、もう開催100回をとうに超えるそうで、

私が行った20日のライブのスグ3日後(7/23)には、違う場所、違う出演者でイベントが行われたようです。

私の今回のお目当ては、もちろんですが声を掛けてくれた友人です。

彼女のアーティスト名は「晴美」さんという方で、ピアノ弾き語りをされています。

この日も本当に素敵な演奏と歌声を聴かせてくれました。

安定したピアノ演奏に、英語の歌詞(もちろんそれだけではありませんが)…

レベルの高いパフォーマンスに頭が下がります。

また聴きにいけたらいいなぁ~と思ってます。

他の出演者さんも、みんな若くて可愛い女の子ばかりでした(何目線なんだろうかw)

とにかく、「歌がうまい」なんていうのは当たり前のレベル…といった感じです。

特筆すべきは、伊秩さんご本人のピアノ弾き語り、です。

前置きしますが、すべて「褒め言葉」ですので。

まず、ピアノの鍵盤ブッ叩いてました。完全に打楽器でした。

それから、尋常でない速さの伴奏…

あれは歌いながら弾く速さじゃありません。

口が開いたままのマヌケ面の自分に気が付くくらい、

あのパフォーマンスには放心してしまいました。

( ゚Д゚)スゴイ!!




晴美さんのHP↓

http://harumi-star.com/

★「はよなはよな」

毎月第1・第3土曜日 18:45~19:30 六本木ヒルズから生放送中。

※ご本人からの承諾を得て、掲載させて頂いてます。

※また、同じく承諾を得て、7/11の記事にも画像をUPさせて頂きました。

広告


2件のコメント

6月の外出 -1- 【旅祭】へ行ってきた

6月3日のことなので、もうかなり前の話になってしまった…

(´Д`;)

写真を撮ってあったから、せっかくなので振り返ってみます。笑

東京の晴海ふ頭で、「旅祭」というフェスがあり

よんこの友人から招待を受けたので夫婦揃って出かけてきた。

フェスって、というか音楽ライブってあんまり行った事ないから

ムダに緊張してたりして。笑

超晴天。日焼け必至。

シノミヤアイのポートフォリオ
シノミヤアイのポートフォリオ

ただ座って、可愛い女の子達のファッション観察をしてるだけでも

十分楽しかったりして。

タンガリーシャツの着用率がべらぼうに高かったですね。

あとは、イベント柄、ボヘミアンな感じの装いが圧倒的に多かった。

このフェスの「意義」とか「コンセプト」とかは、まったく知識を入れずに行ったので

詳しい説明が出来ないのが申し訳ないんですけど、

要は「旅」をキーワードとしたイベントであって、

バックパッカーの方のトークとか、

世界一周(ピースボート)の説明会とか、

旅好きのアーティストによるライブとか

ジャンルも内容も盛りだくさんのイベントだったのであります。

シノミヤアイのポートフォリオ

プロのアーティストもいれば、一般の方たちによるパフォーマンスもあったりして。

ベリーダンスのライブもすごくよかった。

女の子がめちゃくちゃ可愛いし、ジプシーキングスをコピーした演奏隊のおじさん達も超上手くて。

フラメンコギター(?)のレベルもそうだけど、歌が上手すぎ。

日本人ってノリが悪いとか言われてるけど、この日は違った。

「誰もが知ってる曲」ということに加えて、このリズム。

最終的には、観客みんな舞台にのぼって踊り狂ってた…笑

シノミヤアイのポートフォリオ

エルレガーデンの細見さんが見れたことは、すごくラッキーだった気がする。

「東京は嫌いだ」って言ってた。

「酒飲むしか遊ぶことないし、それだったら、大自然とか見て時間を使いたい」って言葉に、

なんかずごい感銘を受けてしまった。。

「それでいいんだ!」みたいな衝撃。

誰もこの言葉に涙ぐんでる奴がいるとは思いもしなかったろうね。私も自分でビックリしてたから。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

夏フェスには必ず参戦する!っていう人の気持ちが分かった様な気がした1日だった。

夕暮れ時なんて、学生の時の「体育祭」やら「文化祭」なんかの哀愁に似てるね。

室内で行われてた、旅人たちによるトークセッション。

気が付けば、会場には「つんく」氏が登場!

「シングルベッド」を生で聞いた。ファンでも、そうでなくても、これはレアな体験だったと思う。

たまには、遠くへ出かけてプロのパフォーマンスに感激を受けるのもいいことだと思った。

でも、夏フェスとかに参加するには、体力のなさを実感してる最近です。。


5件のコメント

栃木レポートvol.3

栃木の宇都宮へいらっしゃる際にはぜひ立ち寄っていただきたい、

オススメのお店があります。

シノミヤアイのポートフォリオ

コーヒーが、頭がおかしくなりそうなくらい美味しいんです!!

(褒め言葉です!笑)

私はカフェラテとスコーンを頂きましたが、言葉になりません。

絶対オススメです。


2件のコメント

最近

わたしたち夫婦は、会社に属していない分、自由になる時間も多いのはたしか。

逆に言うと、ちゃんと決めて休まないと、いつまでも仕事・作業をしてしまう。

私なんか超なまけものだし、自分に甘いし、楽しいことばかりに気をとられるけど

よんこは真逆。

働いたら、働いた分だけ得られるものが大きいから休んでられない。といった感じ。

一緒にいると似てきてしまうもんで、

私も遊びにいくよりも、部屋にこもって制作作業に没頭していたい。

そんな心境になっている。

(気が変わりやすいから、今だけかもしれないけど)

それの善し悪しは、場合によってだけど

外出してさまざまな人に会ったり、

何かしらの刺激を受けることは非常に大事だということだけは解る。

とりあえず、今週末のデザインフェスタが終わったら計画的に遊びにいきたい。

ひきこもり生活の中でも、ちゃんと時間を見つけて人との交流を持ち

健全なひとときを過ごしたりもしてます。ギリギリ。笑

1日は「カエル展」についての打ち合わせ。

横浜のBECK’S COFFEE、GW真っ只中ってこともあってか意外とガラガラ。

さえこちゃん、あやちん、ゆうや氏、お疲れ様でした。

シノミヤアイのポートフォリオ

3日はうち夫婦+デザイナーの友人と、東京へ。

【Shibuya Hikarie(渋谷ヒカリエ)】もみた。

入ってみようと試みたけど、

地下入り口で長蛇の列が出来ていて、入場規制がかかっている。

当分訪れることはないと思うけど、いつかチャンスがあれば入りたい。

シノミヤアイのポートフォリオ

代官山にも足を運んだ。

モデルの梨花がプロデュースした

【メゾン ド リーファー(Maison de Reefur)】ものぞいてみた。

シノミヤアイのポートフォリオ

中の様子について語りたいところだけど、

めっっっっちゃくちゃお客さんいっぱいで

全然ゆっくり見られなかった。

とにかく女性客で店内埋め尽くされてました。

シノミヤアイのポートフォリオ

GWも、我が家にはほぼ関係ないもんで、全然実感がなかった。

ずっと雨ばっかだったけど、みんなどんな所へ遊びにいったんだろう。


4件のコメント

高校生だったころをおもう

4月30日。

実家横須賀から、帰宅する道すがら

母校跡地まで行ってみた。

10年前に卒業したこの高校は、今は養護学校となってしまい

もうあの制服姿の学生たちは見られない。

春には桜満開の並木道。

シノミヤアイのポートフォリオ

建物もそのままで、物理的な視点では外観の変化はないのに。

もう知っている場所ではない。

しれが不思議。

シノミヤアイのポートフォリオ

テニスコートもそのまま。

一瞬、テニス部に在部していたこともあった。

バドミントン部だったことも。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

残念ながら、ソフトボール部はなかった。

中学のときに、スポーツ特待生を断って

ソフトボール部のないこの高校へと入学したけど、

小学生の頃からソフトボールが生活の一部だった自分は、

ようやくいかにそれが大事なことだったか思い知らされる。

そんなこともなつかしい。

バドミントン部だったときに、膝をこわして手術入院したこともあった。

高校2年生の頃。

好きだった人がいて、その人が男ばっか友人を引き連れて

お見舞いにきてくれたことがすごいうれしかったのを思い出す。

教室から見えていた「YRP野比」。(YRP=横須賀リサーチパーク)

校則は相当ゆるく、いろんな色の髪の子もいたし(ピンクとか、「藻」みたいな緑とか笑)、

違う制服着てきてた子もいた。

さながら、キャバ嬢やホストのようだったり。笑

でも、不良どころか、比較的素直な生徒が多かったように思う。

生徒の悪ふざけが過ぎて、授業にならないときには

担任がよく、「YRP(頭脳明晰なエリートが集う会社と認識)の人間が、お前らの事みてんだぞ」って

冗談で言っていたのを思いだす。

…監視するに値しないでしょうに。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

高校があった場所からYRPまで、

いまは立派な道路でつながっている。

シノミヤアイのポートフォリオ

あの頃に戻りたい、とかは特段思わない。

けど、なつかしい気持ちに浸るのは嫌いではない。