A.Shinomiya's Portfolio

シノミヤアイのポートフォリオでは、イラストや日々のことをつづっています。

高校生だったころをおもう

4件のコメント

4月30日。

実家横須賀から、帰宅する道すがら

母校跡地まで行ってみた。

10年前に卒業したこの高校は、今は養護学校となってしまい

もうあの制服姿の学生たちは見られない。

春には桜満開の並木道。

シノミヤアイのポートフォリオ

建物もそのままで、物理的な視点では外観の変化はないのに。

もう知っている場所ではない。

しれが不思議。

シノミヤアイのポートフォリオ

テニスコートもそのまま。

一瞬、テニス部に在部していたこともあった。

バドミントン部だったことも。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

残念ながら、ソフトボール部はなかった。

中学のときに、スポーツ特待生を断って

ソフトボール部のないこの高校へと入学したけど、

小学生の頃からソフトボールが生活の一部だった自分は、

ようやくいかにそれが大事なことだったか思い知らされる。

そんなこともなつかしい。

バドミントン部だったときに、膝をこわして手術入院したこともあった。

高校2年生の頃。

好きだった人がいて、その人が男ばっか友人を引き連れて

お見舞いにきてくれたことがすごいうれしかったのを思い出す。

教室から見えていた「YRP野比」。(YRP=横須賀リサーチパーク)

校則は相当ゆるく、いろんな色の髪の子もいたし(ピンクとか、「藻」みたいな緑とか笑)、

違う制服着てきてた子もいた。

さながら、キャバ嬢やホストのようだったり。笑

でも、不良どころか、比較的素直な生徒が多かったように思う。

生徒の悪ふざけが過ぎて、授業にならないときには

担任がよく、「YRP(頭脳明晰なエリートが集う会社と認識)の人間が、お前らの事みてんだぞ」って

冗談で言っていたのを思いだす。

…監視するに値しないでしょうに。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

高校があった場所からYRPまで、

いまは立派な道路でつながっている。

シノミヤアイのポートフォリオ

あの頃に戻りたい、とかは特段思わない。

けど、なつかしい気持ちに浸るのは嫌いではない。

広告

高校生だったころをおもう」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    当時の場所を巡るのって楽しいですよねヽ(・∀・)ノ嫌なことも楽しかったことも今となってはいい思いでです…
    懐かしい風景が変わっていくのは何だか寂しいことですが、時代の流れを感じさせられていい気分になります。個人的な意見ですが…
    aicoさんはかなりスポーツをやられてたんですね!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    おっしゃるとおりですね!
    時代の流れを感じること、変化を感じることは大事なことですよね。
    たびびとのふく80Gさんは、なにか部活など入っていらっしゃいましたか??
    (・∀・)
    私は勉強が苦手だった分、スポーツに没頭していましたww

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >シノミヤアイさん
    私は高校のときは一年だけですが、ワンダーフォーゲル部っていうのに入っていました。あとはバイトに明け暮れてましたねースポーツはそんな得意ではないです(´Д`)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    「ワンダーフォーゲル」、はじめて耳にしました!
    思わずウィキペディアww
    私の高校には、そんなハイセンスな部活動はありませんでしたね~!!
    新たな一面を知れたようで楽しかったです♪
    ご返信ありがとうございました(
    ´艸`)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中