A.Shinomiya's Portfolio

シノミヤアイのポートフォリオでは、イラストや日々のことをつづっています。


2件のコメント

4/1GEISAI#16【春はさまざまな訪れを告げる】

シノミヤアイのポートフォリオ

キャンバスサイズ:A4サイズ

画材:ボールペン、カラーペン、色鉛筆

■作品説明

コンセプトなど、自分の作品では殆どのものに持ち合わせていません。

この作品は、特にそう言えるもので、湧き出るインスピレーションをひたすら描きなぐったものです。

配色で大きな失敗があったのですが、その失敗から「大胆さ」が引き出されたこと、

「完成図=ゴール」を作者自身で想像し得なかったことで、「ただ描く事が楽しい」という気持ちが強く感じられました。

■展示テーマ :SNSの活用(評価を受ける)

自分のような、何も持っていない(美術・芸術に於ける学歴や知識・技術)でも、

現代に生きる人間としての作品アプローチがあるはずだと考えました。

SNS(ソーシャルネットワーク)は、誰もが使用し当たり前に生活に取り入れているツールですが、

作品の発表場所として考えたとき、もっとも簡易的で有効な手段であると改めて感じます。

見知らぬ人から、海外から、不特定多数の人々に評価をしてもらえる有意義な場所です。

今回、幸いにも否定的な評価はありませんでしたが、まだまだ多数の方に評価して頂くには実力不足なのも否めません。

■SNSでの評価 :ツール/instagram(投稿回数:1回)2012年3月29日現在

画像をクリックすると、instagramのページへ移動し、どのような評価を受けたかが見られます。

シノミヤアイのポートフォリオ

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510cd64e995.jpg

■SNSでの評価 :ツール/ブログ

・Hさん
ありあり(*´∇`*)
カラフルな絵、だいすき!ってかアイコさんさすがです!うますぎ(笑)

・Tさん
カラフルな絵、素敵です♪鮮やかでなんだか元気が出てきますヽ(*´▽)ノ♪

・Nさん
白鳥が掴んでる!ゾクゾクしちゃった(>_<)

・Tさん
うわぁすごい・・・
芸術の本質って「人を動かせるか」にあると思うんだけど
このすみずみまで見つめたくなっちゃう個性はかなりの武器だと思う。
個展があったら観に行きたい。
っていうか海外進出も狙えるんじゃないかな
なんか上から目線っぽい書き方に見えるけどそんなことないから!

とにかくかなり脱帽したよ。
この作品、すごくいい意味で「なんだこれ!?」って思わせるの。
あいちゃんってそういう作品をたくさん生み出せるすごい才能があると確信した。
現代アートって、「なんだこれ???」って一般人が頭を抱えるような変な作品が多いと思うんだけど大抵は「いかに意味不明なものを意味を持たせて作るか」にただ重点を置いて作品作りしてるんじゃないかって思わせるものが多くて

鑑賞する人を置いてけぼりな自己満足的な感じで全然好きじゃないんだけど

あいちゃんの作品はそういう自分勝手な芸術じゃなくて、ちゃんと相手を楽しませたり、引き込もうとする力があると思う。
あいちゃんのこの作品ってインスピレーションに任せて車の中で描いちゃった作品なんでしょ??
そのシチュエーションもすごいけど興味・感心をぐっっと引き出してくれる「意味不明」ってすごく心地いい。
同じく芸術やってた私からするとなんでこんな発想ができるのか??って
ただただ驚愕させられるばっかりだよ。
だからあいちゃんの今後の成功がすごく楽しみだよ。これは諦めなければ絶対に成功する。断言できる。
本当に応援してるから、頑張って!!!
芸術は学歴関係ないよね^^
どれだけ人を動かせる作品を作れたか、だし!

ただ、あいちゃんが私と同じ学科にいたとしたら
先生たちが「あなたこの発想素晴らしいわぁ~」って言ってる場面が容易に想像つくよ。


コメントする

4/1GEISAI#16【ゴンドラ】

シノミヤアイのポートフォリオ

キャンバスサイズ:w600㎜×h300㎜

画材:水彩絵具、アクリルガッシュ、シャーペン

■作品説明

さわやかさであったり、ゴンドラに希望を託す見方も出来るかもしれません。

でも、あれに乗っているのが自分であったときはどうだろうか。支えているのは、たった1本の線。

なんだかとても不安定で心もとない気持ちになります。

描き方、即ち見せ方の知識・技術がないので共感を得るにはまだ足りない部分が多い作品かもしれません。

再び描きたい課題です。

■展示テーマ :SNSの活用(記録をとる)

歴史に残る著名な画家たちも、もはや自らの作品に対しての「本当の解釈・説明」をする事はできない。

また、完成までの過程を今から遡って披露する事もできない。

現代では、ゼロから完成までの記録を画像として残しそれを披露するツール(SNSなど)もあふれている。

この作品は、真っ白な状態のキャンバスが着色され完成するまでを10分置きに撮影し、ブログに画像掲載しました。

下記アドレスにアクセスすることで遡って見ることが可能です。
4/1GEISAI#16【ゴンドラ-1-】

■SNSでの評価 :ツール/instagram(投稿回数:3回)2012年3月29日現在

画像をクリックすると、instagramのページへ移動し、どのような評価を受けたかが見られます。

シノミヤアイのポートフォリオ

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510ce7d5cb5.jpg

シノミヤアイのポートフォリオ
http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510ce845f0c.jpg

シノミヤアイのポートフォリオ
http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510ce8afc16.jpg


コメントする

4/1GEISAI#16【パレードの夜】

シノミヤアイのポートフォリオ

キャンバスサイズ:B5サイズ

画材:水彩絵具、アクリルガッシュ、シャーペン

■作品説明

この絵は、「職場」です。かつて、自分がいた。

その職場と仲間から、まるで逃げるように離れました。

さまざまな気持ちを抱いたまま、もう5年も経つのにずっと引きずっている自分がいました。

そして、必ずみる夢がありました。無理に忘れることよりも効率的に受け入れる術を考えたときに、絵にする事に思い至りました。

今、私はようやく「うそつき」ではなくなりました。

■展示テーマ

リハビリというか、コミュニケーションの手段とでも申しましょうか。

作者の個人的な「痛み」や「感情」といったものは、本来、受け手側にはあまり必要のない情報なのかもしれません。

しかしながら、私は生きており、成長しますし、作品をつくることで人と関わっていきます。

作品完成後に、とってつけたようなコンセプトを伝えることよりも、自身を語るツールとしての作品があってもよいのではないかと考えました。

■SNSでの評価 :ツール/instagram(投稿回数:1回)2012年3月29日現在

画像をクリックすると、instagramのページへ移動し、どのような評価を受けたかが見られます。

シノミヤアイのポートフォリオ

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510cdbb0135.jpg

■SNSでの評価 :ツール/ブログ

・potoさん

すてきな絵ですね(*´∀`*)
ほんとaicoさんのイラストは素敵です!
にしても、29歳以下の方限定なんですね@@;
私なんて出展することすら・・・ww
いろんな方が出展される素敵な展示会になりそうですね♪
がんばってくださいね^^v


コメントする

4/1GEISAI#16【クリスマスの約束】

シノミヤアイのポートフォリオ

画用紙サイズ:w100㎜×h150㎜

画材:水彩絵具、アクリルガッシュ(原画)

■作品説明

夢でみた世界、色を表現しました。

夢の中でのイメージは恐らく、本来自らが持つ「ビジュアルの処理能力」を超越して成り立っている。

そんなふうに考えています。

描きたかったのは、違和感のある巨大な木、不自然な光と静けさ、本来いてはならない人間の存在。

過去に、幸福に過ごした人間ほど闇に憧れるという話を誰かに聞き、それを思い出すような作品です。

■展示テーマ :絵の奥までみる

(展示では、アクリル板(w600×h900)を5枚使用し、原画を大判出力したものをカットして貼り付けました。)

↓画像左手の作品

シノミヤアイのポートフォリオ

1枚の絵をみたときに、物理的には表面上のものしか見えない。

だからこそ、見えない部分への想像をふくらませる事が出来る。

また、それこそが「アート鑑賞」の醍醐味ともいえるかもしれませんが。

この作品の展示では、「奥行き」にスポットを当て展示を施しました。想像して頂くのではなく、本来は見えないはずの背景の世界を用意したのでご覧頂きたいと思います。

今はこうして「完成」とされている作品も今後、増やす事・なくす事・変える事も可能なのです。

作品の中の世界も変化するのです。

■SNSでの評価 :ツール/instagram(投稿回数:3回)2012年3月29日現在

画像をクリックすると、instagramのページへ移動し、どのような評価を受けたかが見られます。

シノミヤアイのポートフォリオ
http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510ce2b8d3f.jpg

シノミヤアイのポートフォリオ

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510ce36b5c4.jpg


コメントする

4/1GEISAI#16【やさしい夜たち】

シノミヤアイのポートフォリオ

キャンバスサイズ:w600㎜×h300㎜

画材:水彩絵具、アクリルガッシュ

■作品説明

「夜は、訪れるのではなく、優しい夜たち(死者たち)が闇を引き連れてやってくる」と私が私に言った。

大事な人がいなくなる恐怖。子供が親よりも早く亡くなるのは特に理不尽さを感じるものである。

直接的な解決にはならないが、こうして夜になった彼らと毎晩出会う事が出来るのなら、少しでも救われるだろうか。

少なくとも、この絵で自分をなぐさめることは出来る気がしています。

■展示テーマ :SNSの活用(評価を受ける)

自分のような、何も持っていない(美術・芸術に於ける学歴や知識・技術)でも、

現代に生きる人間としての作品アプローチがあるはずだと考えました。

SNS(ソーシャルネットワーク)は、誰もが使用し当たり前に生活に取り入れているツールですが、

作品の発表場所として考えたとき、もっとも簡易的で有効な手段であると改めて感じます。

見知らぬ人から、海外から、不特定多数の人々に評価をしてもらえる有意義な場所です。

今回、幸いにも否定的な評価はありませんでしたが、まだまだ多数の方に評価して頂くには実力不足なのも否めません。

■SNSでの評価 :ツール/instagram(投稿回数:3回)2012年3月29日現在

画像をクリックすると、instagramのページへ移動し、どのような評価を受けたかが見られます。

シノミヤアイのポートフォリオ

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510ccec2cfc.jpg

シノミヤアイのポートフォリオ

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510ccf6e01a.jpg

シノミヤアイのポートフォリオ

http://blog-imgs-36.fc2.com/n/m/n/nmnews/blog_import_51510cd02e7d7.jpg

■SNSでの評価 :ツール/facebook

・Tさん
相変わらずすごい発想力だね…!絵画集でたら本気で買いたいよ。

そして1作品ごとまじまじ見つめながら「この部分のフォルムはどうしてこうなってるのか?」とか

「なぜここにこんなポーズのものが存在するのか?」とか色々と悩みながら楽しんでみたい。
ちなみにこの絵って何か意味があってそれに基づいて描いてる?

それとも完全にインスピレーションに任せて感覚で描いちゃってる?


2件のコメント

4/1GEISAI#16無事に終了しました

4/1「GEISAI#16」への出展が無事に終了しました。

DMハガキをみて、足をお運び頂いたみなさま本当にありがとうございました。

また、普段の制作活動を一旦すべて中止し、約3ヶ月の間絵画制作へ取り組む私のために

協力してくれた主人に感謝したい。

会場内の撮影は殆どしておらず、画像は自分のブースのみ…

シノミヤアイのポートフォリオ
シノミヤアイのポートフォリオ
シノミヤアイのポートフォリオ
シノミヤアイのポートフォリオ

シノミヤアイのポートフォリオ

作品は全部で5つ用意した。

他の出展の方たちと比べ、作品の「大きさ」の重要性を改めて痛感。

また、制作テーマを設け見せ方のアプローチを考えたが、伝える方法が弱く

結局一番見て欲しい人に届かずに終わった。

今回このイベントへの初参加がかなったわけですが

一言でいうと「箸にも棒にもひっかからなかった」という感じです。

でも、今まで制作してきた時間や、完成した作品が無駄だったとは思いません。

自分に足りないものや、それを補ってアプローチする方法を見つけました。

過去の著名な画家たちも、一切見向きもされず、評価されずに人生を終え

死後に作品が評価された方がたくさんいる事を考えたとき、

自分の今回の挫折感や敗北感などはたいしたことではないと

いい意味でも悪い意味でも、持ち前のプラス思考で乗り越えられそうです。笑

また、こうした作品を、自分の大事な人たちにお見せできる機会がつくれたらうれしく思う。

応援してくださったみなさま、本当に感謝しております。

シノミヤアイのポートフォリオ
帰りは焼肉を食べましたん。

ニコっ!!