A.Shinomiya's Portfolio

シノミヤアイのポートフォリオでは、イラストや日々のことをつづっています。


4件のコメント

流木拾い

ある事に使用する為、流木を拾いに横須賀の観音崎まで行ってきた。

助手席より撮影。

そう、よんこが自動車の免許をついに今月あたまに取得したのです。

およそ4年間に及ぶ、毎日の「運転手業務」は卒業(解雇?笑)となり、

制作へ集中するための完全な環境が整いました。

よく「だんなさんの職業は?」と聞かれるが、ヨメの私もよくわからない。笑

なんて説明したらいいのかが、わからない。

とりあえず、自営業です。と答えている。

脱線しましたが、そんなよんこの運転により観音崎へ到着。

シノミヤアイのポートフォリオ

うす曇り。

天気予報では、「今日が洗濯物を干すチャンス」つーてたけど

帰路につく頃はすでに降り始めたりしてて。もー…

シノミヤアイのポートフォリオ

中学生のときとかは、もっぱらこの海岸で海水浴。

ゆっても自分、泳げないんで「浸かる」だけでしたが。

シノミヤアイのポートフォリオ

中3の夏休み。

ソフトボール部の友達と遊んでたら、

見知らぬ酔っ払いのおじちゃんが「夢はアメリカまで届く!」って叫び

おもむろに財布から取り出した1,000円を、拾った石に巻きつけ海に投げた。

そして去っていった。

拾わないわけないよね、石。笑

それでビーチボールと駄菓子買った事を忘れられない。

シノミヤアイのポートフォリオ
シノミヤアイのポートフォリオ
シノミヤアイのポートフォリオ

なんともいえない磯の香りが充満。

薄暗くて、人も少ない。波の音とトンビの声だけがやたら大きい。

シノミヤアイのポートフォリオ

灯台までのぼったことはない。たぶん。

たぶん、というのは、のぼった事があっても忘れてるだけかも。という意味で。

シノミヤアイのポートフォリオ

シノミヤアイのポートフォリオ

シノミヤアイのポートフォリオ

植物が呼吸してる、と感じる空間。

人間が呼吸するにはすごく苦しかった。

シノミヤアイのポートフォリオ

シノミヤアイのポートフォリオ

この階段をのぼると、観音崎灯台へ続いているらしい。

昼間でこの暗さ。

シノミヤアイのポートフォリオ

こんな道あったなー!!と、すっかり忘れていた景色が見えてきた。

小学生のときに通った事があったけど、記憶の隅から抜けていた。

シノミヤアイのポートフォリオ

防空壕を思わせるようなトンネル。

博物館への道へ続いていたはず。

トンネル内の両側には、かつて「部屋」があったと思われる跡があり、コンクリートで塞がれていた。

シノミヤアイのポートフォリオ

目的の、「流木」の画像はないですが…

感じの良いものを拾ってこれました。

あら。ラジオ聞いてたら、今日って「拾得物の日」なんだってね?

おあとがよろしいようで…

広告


2件のコメント

つづける

イラストを毎日描いてUPしたり、ましてや絵日記として成り立たせて更新されている方は本当にすごいなぁと、ブログを見て思う。

昔っから「三日坊主」ならぬ「二十日坊主(自分でつくった)」で、2週間以上は続くんだけど20日前後に集中力が失速する。

自分の人生の中で、今のところ一番長く続けてきたことってなんだろか。

20年以上やってきた「ソフトボール」と「お囃子(地元の祭りの)」くらいか。

子供の頃にはじめたものは、環境さえあれば大概続けることは容易な気がする。

大人になったら、なんかそれがすごく難しい気がしてしまう。

とりあえず言えるのは、結婚した後からはじめた「制作活動」が3年目。

全然飽きない。

絶望さえしなければ、終わりがみえなくてもそれを楽しめる。

一番望んでいた、人とのつながりが増えた。

そんなわけがあって、これはどうにかずっと続けられそうだと今思っている。

シノミヤアイのポートフォリオ

↑5年前の絵が本棚から出てきた。


2件のコメント

お花見(予定だった)飲み会-アートマニア-

4/14のこと。

桜木町駅にある「artmania cafe gallery yokohama」(=アートマニア)さんで

「お花見(予定が、雨により店内で飲み会)」をしました。

いい写真が撮れたので、ドUP。

シノミヤアイのポートフォリオ

午前11時より、前半11人での宴会開催。

シノミヤアイのポートフォリオ

新婚夫婦のヨーコ(フィンランド出身です)&ユカリちゃんが、

雨で見られなかった桜を、手づくり巻き寿司で再現してくれた。

シノミヤアイのポートフォリオ

さえこちゃんも。みんな手が込んでいてスゴイ!

着物は自分で着られるし。

完全に「特技」だね、うらやましい!

シノミヤアイのポートフォリオ

同じく、着物を自分で着られる特技を持つあやちん。

こちら、彼女の手づくりマドレーヌ。

女子力高いです、みんな。

シノミヤアイのポートフォリオ

足元を拝見。

足袋にも、こんな可愛い刺繍が。

シノミヤアイのポートフォリオ

ギャラリーに2階では、「ローラ先生の英語教室」についての授業説明が。

5月から、わたくしシノミヤアイ、英語のレッスンを受けることにいたしましたー。

写真:「ローラ先生」笑

シノミヤアイのポートフォリオ

座っている人々の「頭皮」を、カメラで狙うオーナー。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

寝起きのクロ先生と、頭皮を撮られまくったあやちん。

シノミヤアイのポートフォリオ

ゆうや氏(本名でない)も、頭皮待ち。笑

シノミヤアイのポートフォリオ
スミトさんは、この日「ローラ先生」に会いに(←変な意味はない。笑)走ってきたから汗だく。

ローラ先生と、「英会話教室」についてお話したかったそう。
シノミヤアイのポートフォリオ

そんな飛び入りの方々も合わせ、最終的には17人(たしか…)程での大宴会に。

翌日の15日には、「横浜山下公園芸術祭」を控えた私でしたが

ヨーコ発案の「カラオケ行こう!」に抗うこともなく、最終電車の時間まで遊び倒しました。

みなさま、お疲れ様でした!!

楽しい時間をありがとうございますー

(´∀`)

artmania.jp’s photostreamでも、当日の写真が見られます。


2件のコメント

お花見-掃部山公園-

4/7のお花見。掃部山公園にて。

シノミヤアイのポートフォリオ

結構寒かったな。日が差したり、曇ったりの1日。

シノミヤアイのポートフォリオ

大人5人、こども1人のお花見。

うち、1人は二日酔いでダウン!笑

飼い主の目覚めを待つワンコ、健気さにキュン。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

目の前に結構な人数の団体さんがいらして、

ひとりずつ「出し物」を披露。

中でも、軽快に「マジック」をやってらした男性が、めちゃくちゃ「ウケ」をとっていた。笑

シノミヤアイのポートフォリオ

公園中の花見客が、会場中心で「出し物披露中」の団体を見ようと野次馬状態に。

シノミヤアイのポートフォリオ

見知らぬ同士が拍手喝采。

超いいっすね、こんなん。

ステキな時間をありがとう!おじちゃん、おばちゃん!!笑

シノミヤアイのポートフォリオ

去年は、震災直後で「自粛モード」だったため

こんな宴会は見られなかった。

マジックのあとは、「フォークソング」を何曲かギターと歌で披露して下さった。

知ってる曲は少なかったけど、なんか良い意味で哀愁漂っていた。

こういう世代の方たちの「青春時代」を垣間見た感じですね。

とてもよかったです。

シノミヤアイのポートフォリオ

解散したあと、桜木町のコレットマーレをブラつき

駅近くのフレッシュネスバーガーへ。

シノミヤアイのポートフォリオ

見たかった映画が、上映時間までの開きが相当だったので断念。

シノミヤアイのポートフォリオ

しかしフレッシュネスバーガーはおいしいですねー。

バンズがカリッカリ。

シノミヤアイのポートフォリオ


2件のコメント

親バカじゃないが

ひとつ学年が下の幼馴染がいる。

私と顔が似ているとよく言われ、子供のころから双子に間違われた。

(彼女はスタイルがよく、私とは正反対のはずなのだけど)

彼女には、上が2歳、下が0歳のこどもたち(姉妹)がいる。

上の子は特に、妊娠期よりずっとおなかの上から私の声を聞かせていたからか

生まれてこのかた人見知りされたり、泣かれたことがない。

親友の子ということにも増して、とても懐いてくれるから可愛さもひとしお。

先日彼女のお宅へお邪魔した際、

上の子が私の似顔絵を描いてくれた。

シノミヤアイのポートフォリオ

えっっっ!!!!

想像以上に上手!!!!

アメコミとかにも出てきそうだし、確立されたキャラクターのようだわっ!

さらに違う絵を、妙にこなれた軽いタッチで「サラッ」と描く。

一回描いて「ちがっちゃった」なんて言って描きなおすあたり

相当な美的感覚を感じてしまう…笑

シノミヤアイのポートフォリオ

かっ、可愛い!!!!笑

NHKのこども番組とかで登場しそう…!!!!

今回画像はないけど、「カレーパンマン」も上手に描けるってゆう。

輪郭に特徴があって、お口の線も波打ってる。

そんな、抑えておけばまず間違いないポイントを

誰が教えたのでもないのにしっかり表現していた。

すごい!!

わたしが2歳のときなんか、いや幼稚園ぐらいまでは

輪郭や胴体は「グシャッ」と描いた乱雑な線、

顔のパーツはただの「棒」。

そもそも「ひと」を描いたのかもわからないようなものばっかだった気がする。

こんな話で盛り上がって、

自分にこどもが出来たらどんな親バカへと化してくのかと想像したとき怖くなった。笑


コメントする

ふとっぱら

さきのGEISAI#16(4/1)に参加した際、

ホルベイン社さんと、リキテックス社さんからそれぞれ画材を頂戴した。

シノミヤアイのポートフォリオ
シノミヤアイのポートフォリオ

当日イベントでは

私の作品は、ほとんど見向きもされず

3人いらした審査員の中でも、1人がたまたま通りかかり目が合ったから寄ってくださったようなもの。笑

作品の説明を求められたので緊張しながらも答えたが、「あっそ」と言って立ち去られた。

まぁそんなもんなんだろう。

それもあってか、

前述の2社の営業さんたちが、自社の画材を宣伝するためにブースへ訪れてくださったとはいえ

うそでもフリでも自分の作品に目をやってくれた事に、ありがたさを感じた。

しかしホント、いい経験になったな。